投稿者:tamisan

セーヴル陶器美術館、Sèvres, Cité de la céramique

 

フランスの陶磁器といえば、セーヴル焼、リモージュ焼といった名前をお聞きになられたことのある方も多いことでしょう。

 IMG_6016Sevres92130 cite de la ceramique .jpg

 

パリのセーヌ左岸を西に進んでゆくと、セーヴルSèvresという陶磁器で有名な街があります。

 IMG_6017Cite de la Ceramique.jpg

ここは、約5万点という世界でも類まれな数のコレクションを所有する国立陶磁美術館Cité de la Céramiqueと、陶磁器のデザイン・制作アトリエとなっている国立製陶所Manufactureからなる、「陶芸都市」です。

 

もともと製陶所は、1740年にパリの東ヴァンセンヌVincennesに建てられましたが、ルイ15世(1710-1774)の愛妾、ポンパドゥールPompadour公爵夫人(1721-1764)によって、パリの西、セーヴルへ移設され、現在では18世紀からの伝統的な陶磁器制作方法を守り、後世に伝える大切な役割を果たしています。

 IMG_6018Interieur.jpg

 

そして1824年、国立陶磁器美術館となり、世界中の多彩な陶磁器を時系列に説明&展示、18世紀から現代までの貴重な陶磁器の品々を鑑賞することができます。

 IMG_6019Explication en japonais.jpg

説明パネルには日本語があるのもうれしいですね。

 

フランス宮廷文化の華やかさを伝えるセーヴルの逸品も見逃せませんが、中でも特に興味を引かれたのは、地上階の展示室で日本企業のDNP大日本印刷株式会社が、ルーヴル美術館との共同プロジェクト、「ルーヴルーDNPミュージアムラボ」で開発した美術鑑賞システム。

 IMG_6034Display.jpg

見学者が実際に自分の好きな順序か、もしくはセーヴルの職人と同じ順序で、お皿に絵を描いていくヴァーチャル体験!

IMG_6020Display DNP dainippon insatsu panneau.jpg

 

お皿の地色、中央部、周辺部のチーフを選び、順序に従って決定ボタンを押していくと・・・

 IMG_6027Display.jpg

IMG_6028Display.jpg

IMG_6029Display.jpg

IMG_6030Display.jpg

次々とお皿のモチーフが完成していき・・・・

 IMG_6031Display.jpg

最後にお皿の金彩を選んでイニシャルを入れると・・・

 IMG_6033Display.jpg

自分で選んでデザインしたセーヴル陶器の出来上がり!!

 

また世界の陶磁器紹介として、15世紀~21世紀の日本を代表する伊万里焼、茶道で使う茶碗といった様々な作品も展示してあります。

 IMG_6037.jpg

IMG_6038Vitrine Japon.jpg 

IMG_6036Vitrine Japon.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パリからメトロ、又はトラムでアクセス可能なセーヴルの陶磁器博物館へ、是非どうぞ。

 

 

 

 

★セーヴル陶磁器美術館  http://www.sevresciteceramique.fr

2, place de la Manufacture  92310 Sèvres

最寄り駅:メトロ9番線、Pont de Sèvres下車、又はトラム2番線T2、Musée de Sèvres下車

オープン時間:10:00~17:00 (火曜日、1月1日、5月1日、12月25日を除く)

料金:6ユーロ

 

 

投稿者:tamisan

セーヌを見下ろす自由の女神像 La Statue de la liberté sur la Seine

 

2013年10月に再オープンしたショッピング・センター、ボーグルネルBeaugrenelle。

 IMG_5570Beaugrenelle gaikan.jpg

 

こちらのショッピングセンターについては、2014年6月25日のスタッフ・ブログでご紹介しました。

 

 

そのボーグルネルの真正面にかかる、グルネル橋Pont de Grenelleのたもとに堂々とたつ自由の女神像。

 IMG_8046Statue de la Liberte UP.jpg

自由の女神像、と聞くと、アメリカ合衆国のニューヨークにある自由の女神像を想像する方が多いと思いますが、そのニューヨークの自由の女神像は、アメリカ合衆国独立100周年記念を記念して1886年に完成し、フランスからアメリカへ贈呈されたもの。

 IMG_8042Statue de la Liberte.jpg

フランス東部、アルザス地方・コルマール出身の彫刻家、オーギュスト・バルトルディAguste Bartholdi(1834-1904)作の自由の女神、実は<Made in France>なのです!!

(バルトルディに関しては2012年12月26日のスタッフ・ブログ「アルザスのクリスマス(2)コルマール」でご紹介しましたので、ご覧下さい)

 

そしてフランスがアメリカに自由の女神を贈ったお礼として、1889年、フランス革命100周年を記念してアメリカからフランスへ贈呈した自由の女神が、セーヌのグルネル橋たもとにある像です。

 IMG_8048Statue de la Liberte panneau.JPG

その説明パネルもご覧の通り↑!

 IMG_8047Statue de la Liberte.jpg

こちらもバルトルディ作の像で、高さ11,5m、重さ14tにもなるんだとか!

 IMG_8049Tour Eiffel, grattes ciels, allee des Cygnes.jpg

ちょうどグルネル橋からビア・アケム橋の約800mにかけて、セーヌ河の真ん中に<白鳥の小路Allée des Cygnes>と呼ばれる散歩道が設置されており、地元の人々が散歩を楽しんだりベンチに座っておしゃべりや読書をしたり・・・と思い思いの時間を過ごす、憩いの場所となっています。

 IMG_8040Tour Eiffel et les Grattes Ciels.jpg

 

 

先にご紹介したボーグルネルのショッピングセンターとあわせて、パリの自由の女神像へも是非どうぞ!

IMG_8037Tour Eiffel et Statue de la Liberte.jpg 

 

★スタッフ・ブログ

●2014年6月25日 「セーヌ左岸に新オープンのショッピングセンター、ボーグルネル」

 http://franceguide-blog.jp/2014/06/25/

●2012年12月26日 「アルザスのクリスマス(2) コルマール」

http://franceguide-blog.jp/2012/12/26/

 

 

★ショッピングセンター、ボーグルネルについて 

http://www.beaugrenelle-paris.com

 

 

投稿者:tamisan

祝オープン!プランタン・デュ・ルーヴル Le Printemps du Louvre, nouveau temple du luxe parisien

 

2014年夏のソルド期間は6月25日(水)~7月29日(火)。

 

今回もショッピングの話題を続けましょう。

 

パリを、いえ、フランスを代表するルーヴル美術館。

 IMG_7516Printemps du Louvre Pyramide renversee.jpg

年間の入場者数は800万人を超え、古代から19世紀半ばまでの世界の美術品を、かつての歴代フランス国王の広大な宮殿に展示、所蔵作品は30万点とも言われています。

 IMG_7517Printemps du Louvre Pyramide renversee.jpg

2012年9月にはイスラム美術展示室、同年12月はパリの北、100kmのランスLens市に、ルーブル・ランスと呼ばれるルーヴル美術館の分館もオープンしました。

 

さて、このパリのルーヴル美術館の地下に隣接するカルーゼル・デュ・ルーヴルCarrousel du Louvre。

 

1994年にオープンした地下ショッピング街で、この逆さのピラミッドが目印。

 IMG_7521Printemps du Louvre Pyramide renversee.jpg

ここから入り込む自然光が何とも心地よく、ショッピング街にはルーヴルのミュージアム・ショップや様々なブティックやカフェ、郵便局も入り、また中2階はセルフサービスのレストラン&カフェテリアで、フランス、イタリア、スペイン、中華といった料理のメニューが豊富です。

 

なんといっても、このショピング街は日曜も営業しているので、と~~っても便利!

 

さて、このカルーゼル・デュ・ルーヴルの逆さのピラミッドのまん前に2014年1月15日、プランタン・デュ・ルーヴルPrintemps du Louvreがオープンしました!!

 IMG_7519Printemps du Louvre Pyramide renversee.jpg

オペラ・ガルニエの近くにそびえたつパリを代表する老舗百貨店、プランタンの2号店は、地上階に化粧品やかばん・皮製品、その上の階には腕時計や宝石をメインに名だたる高級ブランドのブティックが約40店舗も入り、広さ2,600㎡を誇ります。

 IMG_7522Printemps du Louvre UP.jpg

訪れた時はオープン記念として、入り口に巨大なかばんのオブジェが飾られていましたよ。

 IMG_7524Printemps du Louvre magasin.jpg

IMG_7525Printemps du Louvre magasin.jpg

 

そして驚いたことに、案内の外国語が中国語で書かれているんです!

 IMG_7528Printemps du Louvre panneau rayon.jpg

このところ急激に増えている中国人観光客にターゲットをおいているようで、店内のパンフレットも中国語があり、店員もアジア人が多い印象を受けます。

 IMG_7529Printemps du Louvre magasin.jpg

旅行者のためのタックス・リファンドの機械もありました。

 IMG_7530Printemps du Louvre magasin.jpg

 

とにかく名だたる世界の高級ブランド品がずらりとならぶ店内は、圧巻です・・・・。

 

日曜日もオープンしているので、他の店が閉まっていても安心ですね!

 

パリの新しくオープンしたプランタン・デュ・ルーヴル。

 IMG_7531Printemps du Louvre magasin.jpg

ルーヴル美術館の見学とあわせて、お立ち寄り下さい。

 

 

★スタッフ・ブログ

●2011年12月8日 「パリのクリスマス(3)、百貨店のクリスマス・イルミネーション」

 http://franceguide-blog.jp/2011/12/08/

●2012年12月10日 「パリのクリスマス(3)、百貨店のクリスマス・イルミネーション」

 http://franceguide-blog.jp/2012/12/10/

●2013年1月16日 「2013年冬のソルド&ギャラリーラファイエット?それともプランタン?」

 http://franceguide-blog.jp/2013/01/16/

●2013年2月21日 「ランスLensのルーヴル美術館分館オープン」

 http://franceguide-blog.jp/2013/02/21/

●2013年7月4日 「パリのルーヴル美術館ーイスラム美術展示室」

 http://franceguide-blog.jp/2013/07/04/

●2013年12月5日 「パリのクリスマス(2)、百貨店のクリスマス・イルミネーション」

 http://franceguide-blog.jp/2013/12/05/

 

 

★プランタン百貨店のサイト  http://www,printemps.com/magasins/louvre

 

 

投稿者:tamisan

ライ・レ・ローズのバラ園 La roseraie du Val-de-Marne

 

ちょうどバラの時期を迎えた6月半ば。

 

IMG_1262La roseraie decorative.JPG

 

パリから南へ約10kmのところに、ライ・レ・ローズL'HAY-LES-ROSESと呼ばれる街があり、そこのバラ園LA ROSERAIEのバラがちょうど、1年で一番美しい季節を迎えていました。

 

IMG_1261La roseraie.JPG

 

街にもバラの名前がついているくらいバラで有名なところで、市内の19世紀に建てられたバラ園には、現在3,000種類&11,000本のバラが植えられており、それはそれは見ごたえがありましたよ!

 IMG_1263La roseraie.JPG

 IMG_1248Roses UP.JPG

 

様々な世界のバラの品種が集められており、<NOZOMI>と名付けられたバラを発見!

 IMG_1265Nozomi Onodera.JPG

と~ってもおしとやかで、日本的な香りがしますよね・・・

 

こちらのバラはフランスの国歌、<ラ・マルセイエーズLA MARSEILLAISE>の命名が!!

 IMG_1260La Marseillaise.JPG

すごく広いバラ園ではありませんが、じっくり見て回ると1時間以上はかかるでしょうし、日陰がないので、お天気の良い日帽子をお持ちになってくださいね。

 

 

 

そして間もなくやってくる7月14日は、フランス革命記念日!

今年2014年は月曜日に当たり3連休となることから、この時期より多くのフランス人が、長いバカンスへ出かけることでしょう。

 

毎年、エッフェル塔のあるシャン・ド・マルス公園から打ち上げられる盛大な花火は、もう恒例行事ですね。

 

IMG_0440Feu d'artifice.jpg

こちらは2012年の花火。

 

IMG_1716Eiffel Tricolor.jpg

そしてこちらは、2013年の花火。

 

今年は、どんな華やかな花火でパリの夜空が彩られるのでしょうか?

 

 

 

★スタッフ・ブログ

●2012年7月17日 「フランス革命記念日2012」

http://franceguide-blog.jp/2012/07/17/

●2013年7月16日 「フランス革命記念日2013」

http://franceguide-blog.jp/2013/07/16/

 

★ライ・レ・ローズのバラ園のサイト

http://www.roseraieduvaldemarne.fr/

 

 

投稿者:tamisan

セーヌ左岸15区に新オープンのショッピングセンター、ボーグルネル Attractive Shopping dans leXVème, Beaugrenelle

 

恒例の夏のセール(ソルド)が、2014年6月25日(水)から始まりました!

 

IMG_9300Soldes%20d'ete%20C&A[1].jpg

こちらの画像は今年のものではありませんが、この時期、パリジャンもツーリストもショッピングに大忙しですね!!

 

 

さて、そのショッピングにふさわしい話題がこちら。

 

エッフェル塔からセーヌ河ぞいに南へ約1,5km、超高層ビルが立ち並ぶ一角に2013年10月23日、ショッピングセンターが再オープンしました!

 IMG_5531Centre commercial Beaugrenelle ouvert le 23.10 2013.jpg

 

ボーグルネルBeaugrenelleと呼ばれるこの地区は1970年代、経済活性と雇用促進を掲げた国の政策により大規模再開発が進められ、事務所やアパート、そしてホテルが入る超高層ビルが相次いで建てられます。

 IMG_5543Beaugrenelle panneau.jpg

当時はまだ珍しい<リトル・ニューヨークLitte New York>をコンセプトとした、様々なブティックを同じ場所に集結したショッピングセンターがオープンしたのが1978年。ただ時代の流れとともに、ここへショッピングに訪れる人々の数が減り、建物の老朽化も伴って2000年代初め、このショッピングセンターはクローズされてしまいました。

 

そして新たなショッピングセンターの建築構想が持ち上がり、2003年のコンペでフランスの建築デザイン事務所、、ヴァロード&ピストルValode&Pistreに決定。このデザイン事務所は、パリ郊外デファンス地区の超高層ピルやフランスの北部にあるリール郊外のサッカースタジアムなどを手がけ、現在ではロシアと中国にも事務所を構えており、世界的にも名を知られています。

 

 

 

再オープンからまだ間もない11月半ば、このショッピングセンターを訪れてみると・・・

 

 

IMG_5533Beaugrenelle.jpg

外観は全体がガラス張りになっており、Beaugrenelleのイニシャル<B>がトレードマーク。

 IMG_5534Beaugrenelle.jpg

IMG_5535Beaugrenelle.jpg

<シティーCity> <マネティックMAGNETIC> <パノラミックPANORAMIQUE>とよばれる3つの建物から構成され、映画館、バカラやゲルランといった高級ブランドから雑貨・洋服・食品などの店舗やレストラン、合計約100店舗にものぼる数のブティックが一堂に勢ぞろい!!

IMG_5554Beaugrenelle un atrium une verriere.jpg広々とした吹き抜けの空間、大きなガラス窓に覆われた天井、ふんだんに取り入れた自然光・・・・・

 IMG_5536Beaugrenelle un atrium une verriere.jpg

すべてが壮大で、ショッピングセンターというよりはなんだかデパートにいるような感覚に・・・・・

 IMG_5552Beaugrenelle un atrium une verriere.jpg

IMG_5546Beaugrenelle un atrium une verriere.jpg

特に<マネティック>と呼ばれるメイン館は、地下1階から地上階4階に及びます!!

IMG_5545Beaugrenelle un atrium une verriere.jpg

 IMG_5537Beaugrenelle un atrium une verriere.jpg

中には椅子も用意され、買い物の途中で休憩することもできますし、建物の窓からの外の風景もこんな感じに!

(赤く見える建物はホテル・ノボテルNOVOTEL)

 IMG_5549Beaugrenelle vue Novotel.jpg

 

受付のお姉さんから、パンフレットと店舗ガイドをもらってくださいね!

(なお現在、お姉さんはいつもいるわけではないようです)

 IMG_5555Beaugrenelle un atrium une verriere.jpg

 

エッフェル塔の見学にあわせて、このグルネル・ショッピングセンターでのお買い物はいかがですか?

 

★スタッフ・ブログ

●2012年1月12日 「冬のセールが始まりました」

http://www.franceguide-blog.jp/2012/01/12/

●2013年1月16日 「2013年冬のソルド&ギャラリーラファイエット?それともプランタン?」

http://franceguide-blog.jp/2013/01/16/

 

★ボーグルネル・ショッピングセンターの公式サイト 

http://www.beaugrenelle-paris.com/

住所:1-48, rue Linois 75015 Paris

最寄の地下鉄駅:Javel(10番線)、 Bir Hakeim(6番線)

オープン時間 

●ブティック 10:00~21:00(月曜~土曜)、10:00~22:00(木曜)

●レストラン&映画館 10:00~24:00(毎日)